アマンリゾーツ トップ

世界のツーリストを魅了するアマンリゾーツの魅力/LOVE AMAN

アマンに飾られる花は、白と決まっています。白は清楚、上品、純潔を表します。お客さまや環境・歴史に対して謙虚であり常にピュアでいようというアマン哲学こそが世界のツーリストから永く、深く、愛されている理由です。

アマンリゾーツ

誰もが恋に落ちるアマン/Everyone falls in love AMAN

アマンリゾーツは1988年、エイドリアン・ゼッカというジャーナリスト出身の起業家が、プーケットの海のそばを散歩している時、そのあまりの美しさに感動しアマンプリを誕生させたのが始まりでした。世界中の旅慣れたツーリスト達を魅了し、わずか5年の間にインドネシアを中心に7軒ものホテルをオープンさせました。現在もなお進化し続け、世界中にその魅力を発信している唯一無二の極上リゾートです。シンプルでありながら心の奥をくすぐるような洗練されたホスピタリティは一度訪れた者の心を離しません。アマンリゾーツでは食事やスパ・BARを利用する際、面倒なサインは必要ありません。アマンに共通していることはいくつかありますが、そのひとつに部屋数が50以下であること。それはスタッフが訪れるゲストの顔を覚え、サインひとつとってもゲストの負担を最小限にすること、嫌いな食材、好みのワインなど趣向を把握したサービスを提供できるようにするためです。部屋の番号など聞かれることはほどんどないでしょう。

謙虚で誠実、決して華美すぎないアマンのサービスは、日本に古くから根付く「おもてなし」の精神に通じるものがあるように思います。程よい緊張感、逆に言えば程よく緩い空気感。身体が緩むと心も自然に緩みます。「緩む」というのはすべてを許し受け入れるということに繋がると言います。その土地の持つ環境や歴史をありのままに受け入れること。それはアマンの哲学でもあります。アマンリゾーツはその国、土地の歴史や伝統を重んじ、受け入れて寄り添うように佇むことをモットーにしています。不自然に造られたものではない本物がそこにはあります。 アマンリゾーツ スタッフの多くは現地の人間で構成され、地域の活性化に貢献すると共に伝統を守りながらコミュニティ支援を基本に現地の人々と共に歩む形で成り立っています。

各国のアマンを巡る熱狂的なツーリストを愛情と敬意を込めて「アマンジャンキー」と呼びます。アマンを訪れたことがあるゲストはその中毒性に納得するはずです。一度でもその心地よさと胸の高まりを体験してしまえば再び訪れずにはいられない。アマンが旅の目的地となるのです。各ホテルのオリジナル・ラゲージタグや冒険地図を思わせるリゾーツマップ、写真集など、コレクション熱をくすぐるものも多く、一瞬でゲストの心を虜にします。知れば知るほどもっと深くアマンを知りたくなる。そうなればあなたも立派なアマンジャンキーのひとりです。

広がり続けるアマンの哲学

2014年にはついに東京にもアマンリゾーツがオープン。アマンの魔法は多くの人を巻き込んで、世界各国に広がり続けています。いつまでも変わらない情熱と共に確固たる哲学と信念を持って…。

最高級の遊び心と徹底したパフォーマンスでゲストを出迎えてくれる極上リゾート。永い間人々から愛され続けている理由は確かにそこにあります。それが唯一無二のアマンリゾーツなのです。

NEXT

地域別に見るアマンリゾーツ/世界に散りばめられたアマンの魔法

世界地図からアマンリゾーツを見る アマンリゾーツイメージ アマンリゾーツイメージ アマンリゾーツイメージ アマンリゾーツイメージ アマンリゾーツイメージ アマンリゾーツイメージ
NEXT

<最短3泊4日>週末旅行からのんびり長期滞在まで

3h40minから行けるアマンリゾーツ

旅行日数からアマンリゾーツを探す アマンリゾーツイメージ
NEXT

AMAN'S NEWS

アマンリゾートのパッケージプランを見る
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 規約・条件書
  • サイトマップ
  • 旅行傷害保険勧誘方針
  • ページのトップへ

一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員