2006年凱旋門賞挑戦はもう13年も前のこと。

現地までお客様と応援に行きました。

シャンゼリゼ通りは日本から駆け付けた競馬ファンで溢れていて、

レース前からお祭り騒ぎだったことを懐かしく思います。

 

引退して種牡馬になってから、

ファンの方と何度もお邪魔させて頂きました。

見学のトリにゆったりと静かに登場し、

その優しい目でファンを魅了する。

曇り空の隙間から日差しが差し込むように、

その場が明るくなって皆さんの表情が一変するのが印象的でした。

種牡馬の仕事は後継馬を残す事。

解っていながらも、あの皆さんの一変する表情を見ていたら

毎年お邪魔させて頂いていました(笑)

 

優しい目で多くのファンを魅了するその姿

横から見れて光栄でした。

ありがとう、ディープ。

ゆっくりと休んでね。