キッズワールドのブログです

ブログ用メニュー

月別

ブログ

【宮城県牡鹿郡女川町】視察ツアーレポート

2015年10月13日

2015年9月29日(火)
「ふくしま教育旅行語り部強化セミナー」様の添乗で、宮城県牡鹿郡女川町へ行ってきました。

 ● 女川温泉「華夕美」ご集合、昼食
  お食事処は開放的なオーシャンビューです。穏やかな万石浦が一望できます。
  
  ↓
 ● 「きぼうのかね商店街」で語り部ガイドさん乗車、 商店街を散策
  「きぼうのかね商店街」は、仮設の商店街では全国でも最大規模です。
  名前にある「きぼうのかね」は、震災前の女川駅前にあったからくり時計に付いていた鐘でした。
  4つあった鐘のうち、がれきの中から奇跡的に1つだけ発見された鐘をシンボルにしています。
      ongw2-2.jpg      ongw2-1.jpg
             旧女川高校の敷地に建てられています          鐘は誰でも鳴らすことができます
                                  復興への祈りと共に澄んだ音が響きます
  ongw1-1.jpg                     
     あたたかみのある木造のお店が連なります

  ↓
 ● 語り部ガイドさんの案内で町内を視察 
  津波被害の大きかった町の中心部を通ります。
  現在はかさ上げと造成工事が進められています。

  高台の上に見えるのは地域医療センター。津波は建物の1階部分にまで到達しました。
  震災前は高台の手前も家が建ち並んでいた場所でしたが、津波で壊滅的な被害を受けました。
  横倒しになった旧女川交番は、震災遺構としての保存が決まったそうです。
  ongw3-1.jpg ongw3-2.jpg
           地域医療センター                     旧女川交番 

  ↓
 ● 水産冷凍冷蔵施設「MASKAR(マスカー)」の見学
  女川町はやはり水産業の町。海沿いには水産加工の事務所や大きな製氷施設などが建ち並びます。
  震災の翌年に建てられたマスカーは、2階に「冷凍・冷蔵庫」、
  3階に「温度制御をするコンピューター」と重要な部分を階上に配置しています。
  太い柱が等間隔に何本も並ぶ1階には、簡単な事務所と荷捌き場しかありません。
  今後再び津波が発生した際は、1階の壁面パネルが外れ津波の威力を受け流す構造になっているのです。
      ongw4-1.jpg       ongw4-2.jpg
             マスカー外観                 冷凍庫の中はマイナス30℃!

  ongw5-1.jpg ongw5-2.jpg
        説明にしっかり耳を傾けます              所狭しと荷物が積み上がっています

  ↓
 ● 「新女川駅舎」「あがいんステーション」の見学、お買い物
  今年3月に全線復旧したJR石巻線。
  その終着駅となる女川駅は1階が駅舎、2階が町営温浴施設「ゆぽっぽ」、3階が展望デッキになっています。
  駅からまっすぐ海に向かってプロムナード(遊歩道)が、そして年内の開業に向けて両脇の商店街が建設中です。
  そのプロムナードの先に「あがいんステーション」がオープンしています。
  女川だけでなく全国の特産品を買ったり、漁業に関する体験ができたりと、女川の文化発信の新しい拠点となります。
    ongw6-1.jpg  ongw8-2.jpg
      ピカピカの外観が青空に映えます             展望デッキからは海がすぐ近くに見えます

  ongw6-2.jpg  ongw11.jpg
    旧女川駅舎を模したあがいんステーションの外観         看板はスペインタイルでできています

  ↓
 ● 「復興まちづくり情報交流館」の見学、語り部ガイドさんとの交流会
  パネルや模型、展示などを使い、震災時の説明や現在進められているまちづくりのことを学びます。
 
  その後、さらに観光協会の方2名に合流して頂き、今回のツアーにご参加の皆さんとの交流会を行いました。
  住んでいる場所も、被害の程度も、現在の状況も一人ひとり違いますが、
  震災を後世に語り継ぐという共通の目的があります。
  ガイドをしていく中での工夫や悩み、伝えたいことや考えていることなどたくさんのご意見を伺うことができました。
  ongw7-2.jpg ongw7-1.jpg


  その後ツアーは解散となり、参加者の皆さんはバスで福島に向けて出発しましたが、
  私は電車の時間まで余裕があったので、駅周辺をご案内して頂きました。
  ongw8-1.jpg  ongw9-1.jpg
      駅にはあたたかみのある灯りが点りました          「ゆぽっぽ」でも女川の名産品が買えます


  震災から4年が経ちました。
  これからは被害の状況を語るだけではなく、
  女川の良い所をもっと伝えて、また来たいと思える町にしていきたいという言葉が印象的でした。


  女川は現在急ピッチで町づくりが行われています。
  今だからこそ見れる町の造成工事、あがいんステーションでは水産加工や水揚げの体験、
  その他にもスペインタイルの絵付け体験、笹かまぼこの工場見学と手焼き体験、
  金華山のパワースポット巡りなどなど見どころはたくさん!
  ご希望に合わせてオリジナルツアーを作成しますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

  ツアーについてはこちらをご覧ください >>> 「出かけよう!東北へ 女川町復興視察ツアー」

  ongw10-1.jpg ongw10-2.jpg
  すっかり日も暮れた帰りの新幹線の中、たまたま手に取った車内紙「トランヴェール 9月号」に
  あがいんステーションの記事が載っていました。
  女川で伺ったたくさんのお話を思い出しながら、是非また訪れたいと思いました。


このページのトップへ

【アマン東京に行ってきました】

2014年12月24日

憧れのアマン東京に行ってきました。

DSC_0408.jpg   DSC_0476.jpg

場所は東京駅丸の内北口から徒歩で5分ほど。

OOTEMORI(オーテモリ・大手町タワー)の33階から38階までの6フロアを占めている。

1階にアマン専用デスクとエレベーター、車寄せと5名ほどのスタッフ。

33階にはレセプションの他、レストラン(101席)、BAR(90席)、ライブラリ、シガーラウンジ、ボードルーム等が配置され、

34階にはスパやフィットネスセンター、全84室の客室が35階から38階までの4フロアに分かれている。

DSC_0493.jpg

一番部屋数の多いデラックスルームで71㎡の広さがあり、プレミアルーム81㎡、スィート141㎡、コーナースィート121㎡、

アマンスィート157㎡と贅沢な広さはアマン東京でも健在だ。

内装は和を基調とし、モダンで落ち着いた趣がある。 35階は喫煙ルームのフロアで全カテゴリを備えている。

その他の施設は室内温水プール(30m)、プライベートダイニングルーム、大浴場など。

DSC_0526.jpg

本当に都会の喧騒を忘れさせてくれるホテルでしたよ。 ゆったりとした時間が流れています。


□ 1階レセプション

  ・オーテモリ1階に専用の車寄せ

  ・バレーパーキング:料金1泊(翌日15:00まで)¥5,000(税サ込)

  ・アマン直通のエレベーターにて33階へご案内

□ ロビー

  ・コンセプトは「縁側」

  ・天井の和紙はジャパニーズランタン(提灯)をイメージ

  ・3階分の高さ

  ・忙しい日本のお客様へPeaceful、Happy、Relax、out of Stress fullを感じてもらいたい

  ・毎日13:00~16:00 琴の生演奏

□ ボードルーム(16席)

  ・会議や打合せなどに利用

  ・天井の高さは2階分

  ・料金:4時間¥15,000/一人あたり 8時間 ¥20,000/一人あたり

 

□ ライブラリ

  ・和書、洋書合わせて400冊

□ シガーラウンジ

  ・シガーの利用のみ(タバコは不可)

  ・ボトルキープ用の棚あり

□      バー(90席)

  ・ウイスキー70種類、うち約50種類が日本の銘柄

  ・別にワインセラーあり(1,200本)

 

□ レストラン(101席)

  ・The restaurant by AMAN「アマン東京 ザ・レストラン by AMAN」

  ・ドレスコード:スマートカジュアル

  ・コンチネンタルフュージョン

  ・当面宿泊以外はディナーのみ

 DSC_0512.jpg

□ プライベートダイニング

  ・8名様用×5部屋

  ・ダイニングを見渡すような眺め34階

 

□ スパ

  ・スパのみの利用も可

 

□ 大浴場

  ・利用は18歳以上のみ

  ・男湯と女湯に分かれている

  ・宿泊者のみ(館内の移動はガウンとスリッパでもOK)

 

□ プール(室内・温水)

  ・プライベートエレベーター利用

  ・宿泊者のみ

  ・お子様でも入場は可能だが、プールには入れない

 

□ 客室

  ・和モダン

  ・4フロア×21室 合計84室

  ・ベッドルーム部分はどの部屋タイプも共通

  ・35階が喫煙可能フロア(葉巻も可能)

 

     【デラックスルーム / 71㎡】

  ・大人3名まで利用可(エキストラベッド1台)

 

     【プレミアルーム / 81㎡】

  ・室内はデラックスルームと同じ

  ・お風呂が広く、シャワーブースあり

  ・大人3名まで利用可(エキストラベッド1台)

 

     【スイート / 121㎡】

  ・プレミアルーム + リビングルーム

  ・インルームダイニング可 3名まで

  ・大人3名又は大人2名+子供2名まで利用可(エキストラベッド1台)

このページのトップへ

第2弾8月『週刊Gallop北海道牧場巡りツアー2014』が無事終了しました!

2014年9月 3日


毎年人気の8月の牧場巡りツアー。

今年は待望の週刊Gallopさんとのコラボレーションが復活し、

『週刊Gallop北海道牧場巡りツアー2014』として行われました。

名馬を訪れる牧場巡りの他に、競馬グッズの抽選会、

四位騎手のトークショーでは注目若手ジョッキー菱田騎手がゲストで参加!

ご協力頂きました、四位騎手、菱田騎手、牧場関係者の皆様、

サンケイスポーツさん、競馬エイトさん、週刊Gallopさん、gripさん、

お陰様で今年も素晴らしいツアーとなり、

ご参加の皆様には喜んで頂くことが出来ました。


この場をお借りしまして深く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

スケジュールはコチラより、

9/8(月)発売の週刊Gallopにツアーの模様が掲載されました! 

※画像をクリックすると大きくなります。

北海道ツアー.jpg

 

DSC_0969.jpg レックススタッドよりスペシャルウィーク

DSC_0962.jpg アロースタッドより『放牧地への誘い

DSC_1060.jpg ダーレースタリオンより『アドマイヤムーン

このページのトップへ

第1弾の7月の牧場巡りツアーが無事終了しました!

2014年8月 6日

今年の7月の牧場巡りツアーでは、これまで訪れていた人気の牧場の他に、

今までのツアーでは行かなかった浦河まで足を伸ばして『うらかわ優駿AERU』に宿泊したり、

門別競馬場でホッカイドウ競馬をお楽しみ頂きながらジンギスカンバーベキューをお召し上がり頂きました。
函館までの移動は約5時間と大変ですが、函館に着いてからのイカ刺しとビールは最高ですよ(タイトルなし) のデコメ絵文字

スケジュールはコチラです。

 

それでは、今回会えた名馬の一部をご紹介っ!


DSC_0018.jpg  

                           ルーラーシップ    

DSC_0054.jpg

           エイシンフラッシュ

DSC_0032.jpg  DSC_0040.jpg  

       ロードカナロア                  ノヴェリスト

DSC_0065.jpg  DSC_0072.jpg

       ダイワメジャー                 ハービンジャー

DSC_0079.jpg  DSC_0091.jpg

        ハーツクライ                 オルフェーヴル

DSC_0097.jpg

           ディープブリランテ

DSC_0109.jpg

            キングカメハメハ

DSC_0126.jpg  DSC_0143.jpg

       ヴィクトワールピサ              ディープインパクト

DSC_0132.jpg

            ドリームジャーニー

DSC_0166.jpg

               トランセンド

DSC_0175.jpg  DSC_0202.jpg

        スズカマンボ                アドマイヤコジーン

DSC_0177.jpg

            リーチザクラウン

DSC_0195.jpg

             タニノギムレット

DSC_0198.jpg

             シルポート

DSC_0203.jpg

            ローレルゲレイロ

DSC_0216.jpg

              カネヒキリ             

DSC_0221.jpg

            ロジユニヴァース 

DSC_0233.jpg  DSC_0260.jpg

        コスモバルク                 アグネスデジタル

DSC_0286.jpg  DSC_0298.jpg

       メイショウボーラー               メイショウサムソン

DSC_0304.jpg

             タイキシャトル

DSC_0306.jpg  DSC_0318.jpg

      オウケンブルースリ                キングズベスト

DSC_0316.jpg

ウィニングチケット・ヒシマサル・ニッポーテイオー(うらかわ優駿AERUにて)

DSC_0345.jpg

              フリオーソ

DSC_0353.jpg

             ディープスカイ

DSC_0358.jpg

           ストーミングホーム

皆様の夏の思い出となれば幸いです。

又来年会いに行きましょう!

このページのトップへ

セレクトセール2014

2014年7月16日

行って参りました。

お天気に恵まれたノーザンホースパーク。

先週の台風8号でどうなることかと思いましたが、

温帯低気圧に変わり北海道には上陸しませんでした。

さて、一歩会場に踏み込むと、見慣れた大馬主様が沢山。

スタッフの方々の表情から、このセリの緊張感が伝わってくる。

上場馬の数の多さから、テンポ良く進行しないと時間は押すばかり・・・。

淡々と進まないように進行の声にも力が入る。


この中で来年、再来年と重賞競走を席巻する馬が出てくると思うとワクワクしてくる。

来年の為に証拠を残しておきます^^

ピューリティーの2013 父:ゼンノロブロイ 3,200万円

アグネスショコラの2013 父:キングカメハメハ 7,200万円

ナショナルホリデーの2013 父:ワークフォース 3,100万円

この1歳馬3頭を自分で買ったことにして、来年の競馬を楽しみます!

大角

このページのトップへ

1  2  3  4

最後

一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員